空港からホテルまで タイに行きタイ2日目

スマイルカラーズの石山直子です♪

タイに行きタイ2日目。

仙台19:00-伊丹-関空-スワンナプーム4:40という深夜便。
まるで貸切のように人のいない深夜の関空の出国審査は全て閉まっていて、事務所でパスポートを出すという初体験。
特別感がたまりません。
JALの飛行機に久しぶりに載ったのですが、私の記憶と違いすぎてびっくり。
リモコンは肘掛けに収納され、充電はコンセントではなくUSB。
そういえばホテルに変換器を貸して欲しいとリクエストしていたのですが、よく考えたらiPhone以外にコンセント使うものは持って行きませんでした^^;
ホテルでもUSBだけで充電できたので、先っぽは使いませんでした。
そして、ベジタリアンミールにしてみたり、サービスの早そうな席にしてみたりするもののいつも楽しみにしてはガッカリする機内食…。
今回食べたのは朝食でしたが、今までで食べた中で一番美味しい機内食でした。
日本の店で食べるのと同じ味!
帰りはまあ、同じ味とは行きませんでしたが…。

タイに入国後の銀行はあちこち開いていて、早朝なのでガラガラです。荷物を受け取り、1万円を2690バーツに両替。

早朝の移動で自力は不安だったので、教えていただいた予約のサイトでハイヤーを頼んでおいてミーティングポイントで合流。
空港の中。

お迎えの方は男性1人と私の2人を待っていて、男性1人と私が同時に着いたため、カップルだと思われて、その男性を待つためにしばらく待たされました。途中で男性が、それ、自分ですって言って発覚。

ハイヤーに乗ったのは飛行機が着いてから約1時間後です。入国審査や荷物の受け取りなど、時間がかかるのですね。
荷物を運んでいただき、気持ちよく雑談し、気持ちよく乗り込む。
「タクシーで寝たらダメだよ、財布の中身抜かれるよ!」なんて友達に脅されていたので不安でしたが、そんなものはすっかり吹き飛びました。
タイではいい人にしかあった記憶がありません。
今回泊まったのはインターコンチネンタルバンコク。
普通の部屋とクラブルームと分けてとって、途中で移動しました。
シンガポールでも同じように取ったら、初日からクラブルームでラウンジのアクセスも付けてもらえたのであわよくばと思ったのですがダメでした。

でも、部屋に余裕があるということで、朝の6時台から部屋に入ることができました。
飛行機泊だったのでシャワー使えて助かりました。

ウェルカムギフトのぬいぐるみ。アロマの香りで癒されます。
シャワーブース。
バスタブ。
入口側から。
ihomeとiPhoneの繋ぎ方が分からなくて検索しまくりました。
paireというところを長押しです。
点滅が終わってから抽出ボタンを押すのですが、知らなかったのですぐ押してうっすーく出たのを「清掃?」と思っていたり、どうも清掃じゃないらしいと気がついてもなぜ薄いのか分からなかったのでデミサイズで出してみたり…。
結局、最終日に部屋に来た友達に教えてもらって解決(笑)
何杯分も無駄にしちゃったわ、ごめんなさい。一日二回足してくれたので、コーヒーと紅茶には困りませんでした。

続く。

スマイルカラーズのブログ

笑顔で子育てしたい女性を 色のチカラで応援します♪ 自分がもっと好きになる仙台市のカラースクール。

0コメント

  • 1000 / 1000